日祝
8:30~12:30
16:00~20:00

日曜、祝日、水曜・土曜午後

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0569-58-0852

あなたは「冷えタイプ」「熱タイプ」両方を併発する「混合タイプ」どれかな?

 

花粉症といっても、症状はひとそれぞれで、「冷えタイプ」、「熱タイプ」、両方を併発する「混合タイプ」があります。

 どの症状も、()()の不足がもとになっているので、衛気不足の対策をしましょう。

 

『冷えタイプ』

 寒気がしたり、ダラダラと水っぽい鼻水が出たり、くしゃみを連発したりする『冷えタイプ』の花粉症の人は、防寒保温に努めたり、シャワーで済ませず湯船につかるようにしたりしましょう。

 そして、玉ねぎなど体を温める食材をとるように心がけましょう。牛肉や羊肉などは、体を温める食材ですが、消化に時間がかかり胃腸の負担になることもあるので、控えるようにしましょう。

また、腸内環境を整えるために、発酵食品をとるのもおすすめです。

『冷えタイプ』の人におすすめの食材

玉ねぎ・ねぎ・しょうが・みそ

ぬか漬け・はとむぎ

しそ・納豆・ゆず

 

『熱タイプ』

 目の周りが真っ赤になったり、目や肌がかゆくなったり、黄色い鼻水が出たりするのは『熱タイプ』の症状といえます。

 熱を冷ます食材を積極的にとり、油っこいもの、しょうが、唐辛子などは熱を悪化させるので避けましょう。

 熱をとりたいからと冷たいまま、生のままでは、体表を守ってくれている()()を作る脾(消化系)を弱めてしまいます。

 できるだけ加熱してとるようにしましょう。

目の痒みには、菊花茶もおすすめです。

 

『熱タイプ』の人におすすめの食材

ミント・きゅうり・トマト・なす・ごぼう

セロリ・ドクダミ

 

『混合タイプ』の方におすすめの食材

米・イモ・豆・キノコ類

鶏卵・鶏肉・牛肉

豚肉・ウナギ・えび

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0569-58-0852
受付時間
午前 8:30~12:30/午後 16:00~20:00
定休日
日曜、祝日、水曜・土曜午後

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

0569-58-0852

<受付時間>
午前 8:30~12:30
午後 16:00~20:00
※日曜、祝日、水曜・土曜午後は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

新着情報
4/29(月・祝)午前のみ施術
 

ひいらぎ接骨院
ひいらぎ鍼灸マッサージ治療院

看板を目印にして下さい
住所

〒475-0966
愛知県半田市岩滑西町2-1-12

アクセス

名鉄住吉町駅西出口より徒歩24分/駐車場:6台有

受付時間

午前 8:30~12:30
午後 16:00~20:00

定休日

日曜・水曜土曜午後・祝日